侵入者のはなし

「お願い、目を覚まして。」耳元で聞こえたその声には、切なる願いが込められているかのように聞こえた。そして、その奥には深い諦めが潜んでいるようにも。身体を起こし、壁にかけた時計に目をやると、現在の時刻は22:30。せっかく、午後から会社を休…

炊飯器で最高の角煮を作りたいはなし

満を持して、炊飯器で角煮を作る話を書きます。 「自宅で最高の角煮を作りたい」 ふと思い立って、ゴールデンウィークから今まで、1人で黙々と角煮を作りまくっていた僕ですが、幾度の角煮チャレンジを乗り越え、遂に、これは人に食べさせても許されるので…

夜の帳のはなし

夜。裸足でベランダに出たら。 空気はひんやりと澄んでいて、 足の下のコンクリートは冷たくざらざらしていて。 ベランダから身を乗り出すと、眼下には真っ暗な墓地が広がっていて、 目を凝らすと白い墓標がいくつも並んでいるのが、かすかにみえて、 墓地の…

幸せについてのはなし

ふと、昔のことを思い出してしまって、悔やんだり、誰かを恨んだり、呪いたくなってしまうことって、誰にでもあると思います。 特に深夜は。 僕も、気をつけてはいるんだけれど、わかってはいるんだけれど、そういう気持ちになってしまうことがあって、そう…

あの子のはなし

「ねえ、夜の学校に忍び込んでみない?」新学期が始まって何日か経った放課後、下校中に、僕はばったりと園子に出くわした。園子は今学期から同じクラスになった女の子である。何度か一緒に遊んだことはあったけれど、これまで一度も帰り道を一緒に歩いたこ…

血のはなし

右足の親指がじんじんする。 僕の住んでいる部屋はいわゆるメゾネットタイプというやつで、マンションなのに部屋の中に階段があって、一階部分と二階部分が分かれているというへんてこな構造になっているのですが、今日この階段を駆け上がる際に怪我をしてし…

匂いのはなし

おはようございます。いまは午後6時なんですが、先ほど起床しました。 僕が起きた時間が、朝です。 昔のことを思い出してちょっぴりノスタルジックな気持ちになったので、ブログを書いてみます。 僕は「夕方の外の匂い」がとても好きなんですけど、これがい…

憂鬱なはなし

仕事が終わらねえええええええええええええええ!! ネットで仕事の愚痴を漏らすことがクソダサいことは百も承知なんですが、最近かなり仕事に追われていて頻繁に両腕に蕁麻疹がでまくるほど辛いので、なんでこんなにやらなくちゃいけないことがあるんだ。マ…

4月のはなし

ネタがあるわけでもないし、別に何か書きたいという気持ちでもないんだけど。 ふと気づいたら、前に記事を書いてからもう10日以上も経ってしまっていたので、何か書こうかなーって思って。 僕はどうも、昨日くらいから、職場で3年目の人になったみたいで…

99日目の夜のはなし

「ニュー・シネマ・パラダイス」という美しい映画があるのですが、映画を見終わった後に、その内容そっちのけで考え込んでしまったことがあって、それは劇中で登場するサイドストーリーについてなんですが、人によってかなり解釈が分かれるものかと思われる…

きたないはなし

「うんこって汚いと思う?」 「汚ねーにきまってんだろ」 「でもさ、うんこって食べ物が、体内で消化された後のものでしょ。口から入った時点では、食べ物だったじゃん、そのときは、汚くないよね?」 「そうだな」 「じゃあ、「食べ物がうんこになる過程」…

正方形の円のはなし

最近ずっと考えてることがあって、まとまったらブログに書こうと思ってたんですけど、まとまらないので、まとまらないまま文章にしてみます。 僕は文章を書きながら考えるタイプなので、とりあえず書き始めればまとまるかも、という淡い希望もあるんですけれ…

適当なはなし

「適当」とか「いい加減」という日本語は、その字面からして、本来は「ちょうど良い、状況に応じた、その目的に合致した」という意味であるはずなのに、往々にして「大雑把」とか「不正確」という、その見た目とは全く真逆の意味で使われています。 不思議に…

クラーケンのはなしの追記

大好きなダイオウイカをモチーフにして短いおはなしを書いたら、思いのほかスーパーバッドエンドになってしまって、自分で書いたのにも関わらず、大変落ち込みました。 なんだこの気持ちは。 「長く短い祭りのはなし」で扱ったものと、同テーマにするつもり…

クラーケンのはなし

年老いたマッコウクジラはゆっくりと海を泳ぐ。 泳ぐ先に、海を漂っている獲物を見つけた。白くて、柔らかそうな身体をしている。イカだ。ひとつ、かじってやろう。と思った。 その獲物は、自分の気配を既に察知しているようだが、まるで動かない。一体どう…

長く短い祭のはなし

僕はこれまでの人生で、「刹那(短い時間)的なものごとの美しさやその意味」なんてものは、正直なところいまいち理解できないでいて、さして重要なものでもないと考えていた(消えてなくなってしまったらそれでおしまいだから、と思っていた)のですが、去…

月のはなしの追記

野性のオオサンショウウオと仲良しになれたら、大変嬉しいだろうなあって話です。 いつからか漠然と抱いている「野性のオオサンショウウオ」への憧れが爆発して、短い小説を書いてしまいました。ちなみに、僕は残念ながら過去に一度も野性のオオサンショウウ…

月のはなし

実は昔、人間でないやつと一緒に酒を飲んだことがある。 彼と出会ったのは、僕が大学を卒業してから、見知らぬ土地で働き始めて数ヶ月たった頃の、夏の夜だった。 そのころは、じっとしていても滝のように汗が吹き出すような、うんざりする暑さが続いていた…

今日のはなし

今日あったどうでもいいことを書きます 僕は散歩が大好きで、特に考え事などをするときは、めちゃくちゃでたらめに外を歩きまくるんですけど 今日もなんとなく歩こうかなと思って、初めて歩く道をずんずん散歩してました いつもはでたらめに歩くけど今日は一…

言葉のはなし

ブログの名前を変えてみました。 前の記事では、「価値のはなし」を書いたんですけど、それを書いてみて、考えたことをだらだら書いてみます。 「価値のはなし」は、これから社会に出る人に対して、自分だったらこんなことを伝えたいな、という設定で書いた…

価値のはなし

別に人に言うことでもないんだけれど、普通に暮らしてるとなかなか人に言う機会もなくて、でも、なんとなく誰かには知っておいて欲しいっていう気持ちがあり、あとで恥ずかしくなったら消すけれど、僕が仕事中に考えてることなどを書きます。 自分の仕事はま…

最近のはなし

もうブログを書くことに飽きました 一回しか書いてないけどさ 最近の話をすると、このところ感情の起伏が激しくて 例えば今日の朝だと、まじでぶっ殺すぞって感じで朝に目が覚めたら、目をこすりながら風呂場へ移動して、アハハハハハ!!って笑いながら尋常…

ブログのはなし

人生にかなりシリアスなインパクトを与える出来事を経験したので、ブログをはじめます。どんな出来事か内緒です。なんとなく。 どうしても知りたい人は僕までコッソリ連絡してください。(5万円くらいで喋ります。1文字ずつ。) その出来事と関連して、ち…